読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たいてい全部ただの日。

雨の日もとか風の日もとかいちいち言わないブログ。

今日は何の日

東日本大震災から、明日で6年を迎える。

今年もまた、人々は大切な人たちの喪われた命を思い出し、明日へ向かって歩き続ける決意を新たにすることだろう。

この震災の死者・行方不明者数、18,455人。(2016年3月10日現在)

あの日の恐怖と悲しみの記憶は、まだまだ忘れ去られることはない。

 

もう一つ、憶えておかなければいけない日がある。それが今日。

東日本大震災から66年と1日前のこの日、あの震災の5倍以上の命が、東京たった1都だけで、一晩のうちに奪われた。

東京大空襲 - Wikipedia

 

平和は忘却を生む。それは悪いことばかりではないと思うけれど、日本人が国のために死ねと命じられたあの時代の体制を肯定するような考え方があったとしたら、それは人として大切なものをあまりに忘れていないか。

 

国が公表している第二次大戦の日本の戦没者総数は約310万人。

学問や仕事、友情、恋愛や結婚、新しい家族…いろんな可能性に満ちていた310万個の未来が、あの戦争で奪われたのだ。その人たちの魂に向かって、あの頃の日本は良かったですねなんて、どんな顔して言えるだろう。

 

 終戦から72年。

忘れない。忘れさせない。今年はそう、決意を新たにしなきゃいけない気がしている。